ニュース

ロッテ3連勝、中村が決勝弾! 中日は最下位転落、又吉2敗目

無断転載禁止
7回にロッテ・中村(奥)に決勝弾を浴びた中日・又吉=ナゴヤドーム(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.06.05 18:00
中日ドラゴンズ 1 終了 4 千葉ロッテマリーンズ
ナゴヤドーム
● 中日 1 - 4 ロッテ ○
<1回戦・ナゴヤドーム>

 ロッテは3連勝。同点の7回に3番中村が決勝2ランを放った。中日は7回に被弾した又吉が2敗目(1勝)。6連勝で交流戦首位に立ったヤクルトと入れ替わり、セ・リーグ最下位に転落した。

 ロッテは先発・石川が好投。初回に無死満塁の大ピンチを招いたが、失点は併殺間による1点のみ。2回以降は立ち直り、7回5安打1失点の好投で6勝目(3敗)を手にした。8回以降は益田、内が1イニングずつを完璧リリーフ。最後を締めた内は11セーブ目(1勝2敗)を手にした。

 打線は1-1で迎えた7回、中村が3号2ランを左翼席へ運び勝ち越し。その後、6番井上にも左前適時打が飛び出し、4-1とリードを広げた。

 中日も先発のR.マルティネスが5回1失点と力投。しかし、2番手の又吉が2イニング目の7回に捕まり、敗戦投手となった。打線は1点を追う初回、無死満塁の好機を作るも、4番ビシエドが併殺に倒れ同点止まり。2回以降はゼロ行進だった。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西