ニュース

西武・山川が初のサヨナラ打!大石が今季初白星

無断転載禁止
10回に登板し、今季初勝利を挙げた西武・大石=メットライフドーム
2018.06.15 18:00
埼玉西武ライオンズ 3 終了 2 中日ドラゴンズ
メットライフ
○ 西武 3× - 2 中日 ●
<1回戦・メットライフ>

 延長10回、西武の山川穂高が自身初のサヨナラ打を放ち、中日との接戦を制した。


エース菊池が好投も援護なく…


 西武の先発は今季7勝0敗の菊池雄星。その菊池は初回、先頭の大島に二塁打を打たれると、送りバントで一死三塁のピンチを迎える。しかし、3番アルモンテを空振りの三振、4番ビシエドを二ゴロに打ちとって無失点で切り抜けた。

 ところが4回、この回先頭のアルモンテが叩きつけた打球をセカンドベース手前で捌こうとした二塁手の浅村がジャックル。これが内野安打となり、続くビシエドの痛烈な二塁打で無死二・三塁、5番・平田の遊ゴロの間に中日が先制。後続を連続三振に斬って最少失点に抑えたものの、先手を奪われてしまった。

 その後、6回、7回を三者凡退に打ち取り味方打線の反撃を待った菊池だったが、打線が中日の先発・笠原の前に沈黙。6回と7回は先頭打者が出塁したものの、散発の2安打に抑えられて援護できなかった。すると、8回もマウンドに上がった菊池が8番・木下拓に1号ソロを被弾。8回を投げて119球2失点と試合を作ったが、今季8勝目の権利を手にすることはできなかった。

 しかし、笠原が降板した8回裏に西武が反撃に出る。2番手の岩瀬から9番・金子侑と2番・源田がヒットを放ち二死一二塁の好機を作り出すと、3番手の祖父江から浅村がレフト線に適時二塁打を放ち、二塁走者の金子侑に続いて一塁走者の源田も快足を飛ばして長駆ホームイン。一気に試合を振り出しに戻した。


初白星の大石「アピールして勝ちパターンに」


 なんとか追いついた西武は、このところ救援陣が打ち込まれ、連投が続いていることもあり、辻監督が「今日はあの2人に任せると決めていた」と話したヒースと大石が9回と10回をしっかりと抑え期待に応えると、2-2で迎えた10回裏に先頭の秋山が二塁打で出塁。源田が送りバントを決めきれず、浅村が申告敬遠で一死一二塁とし、「その前に三振していたので、何とかしなきゃと思っていた」4番・山川が前に出ていた左翼手の頭上を破る自身初のサヨナラ打を放ち、チームに白星を呼び込んだ。

 今季初白星を手にした大石は「多少緊張もあったけど、アピールをしないといけない。ストレートは悪いなりにいっているので、フォークの精度を上げていきたい」と語り、中継ぎ陣の不振も「自分にとってはチャンス。アピールしていけば勝ちパターンで投げられる。結果を求めてやっていきたい」と決意を新たにしていた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西