ニュース

楽天、平石監督代行初陣で完勝 3発含む12安打8得点、美馬初勝利

無断転載禁止
楽天・美馬学=楽天生命パーク(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.06.17 13:00
東北楽天ゴールデンイーグルス 8 終了 0 阪神タイガース
楽天生命パーク
○ 楽天 8 - 0 阪神 ●
<3回戦・楽天生命パーク>

 梨田監督が辞任し、この日から平石監督代行が指揮を執った楽天。5回までに8点を奪うなど打線がつながり、投げては先発・美馬が7回無失点の好投で、待望の今季初勝利(6敗)を手にした。

 楽天は組み替えた打線が機能。2回に5番銀次の2号2ランで先制すると、4回は6番アマダーに8号ソロ、7番藤田には3号ソロが飛び出し、下位打線の連続アーチで4-0とした。5回にも、アマダーと藤田が連続適時打を放ち、一挙4得点。5回までに8-0と大量リードを奪った。

 美馬は初回、二死一、三塁のピンチを招くも、5番中谷を遊飛に退け無失点スタート。2回以降はコーナーを丁寧に突く投球が光り、阪神打線にチャンスすら作らせなかった。ここまで8戦未勝利だった右腕は、7回114球を投げ、3安打4奪三振無失点の快投。打線の援護も受け、今季9試合目で初白星を手にした。

 楽天は投打がガッチリと噛み合い、苦戦続きだった本拠地で快勝。平石監督代行にとっても、うれしい白星となった。

 阪神は打線が4安打と沈黙し、完封負けで連勝ストップ。先発の才木は4回4失点と踏ん張れず、今季2敗目(1勝)を喫した。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西