ニュース

楽天・田中「必死に走りました」 足で決勝点、3度目猛打賞で9戦連続安打

無断転載禁止
8回に決勝点となる適時内野安打を放つ楽天・田中=楽天生命パーク(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.06.24 13:00
東北楽天ゴールデンイーグルス 6 終了 5 北海道日本ハムファイターズ
楽天生命パーク
○ 楽天 6 - 5 日本ハム ●
<11回戦・楽天生命パーク>

 楽天が4点ビハインドを跳ね返し逆転勝利。売り出し中の田中和基外野手が、8回に俊足を活かした決勝適時内野安打を放った。

 楽天は先発・美馬が序盤に5点を失ったが、4点を追う4回、6番アマダーの三ゴロの間に2点目、続く5回は4番今江の左前適時打などで1点差に迫った。6回には、アマダーが中越えの9号ソロを放ち5-5。8回は二死二、三塁の好機で、1番田中が一塁への適時内野安打を放った。

 不動のリードオフマンに定着しつつある2年目外野手は、3回と5回にも安打を放ち、今季3度目の猛打賞をマーク。規定打席未到達ながら打率は.337、出塁率も.395とアピールを続けている。

 決勝打については田中は、「ファウルだと思ったが、フェアゾーンに飛んだので必死に走りました」と笑顔。好調な打撃について問われると、「もっと塁に出れるように頑張ります」と、さらなる飛躍を誓った。

 投げては救援陣が無失点リレーでつなぎ、8回を3者凡退に抑えた宋家豪(ソン・チャーホウ)がプロ初勝利。田中とともにお立ち台に上がった台湾出身右腕は、笑顔で「サイコーデース」を連発した。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西