ニュース

谷繁氏、DeNAの7回の継投に「逆転されるまでは…」

無断転載禁止
7回、勝ち越しを許し、マウンドでさえない表情のDeNA・三上(中央)=東京ドーム(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.07.03 18:00
読売ジャイアンツ 6 終了 5 横浜DeNAベイスターズ
東京ドーム
○ 巨人 6 - 5 DeNA ●
<12回戦・東京ドーム>

 DeNAの救援陣が乱れ痛い逆転負けを喫した。

 DeNAは2-2の7回に桑原将志、ソトの適時打で2点を奪い勝ち越しに成功。2点リードとなったその裏、DeNAは三嶋一輝をマウンドに送る。三嶋は先頭のマギーを空振り三振、岡本和真を右飛で簡単に二死とした。しかし、続く亀井善行に四球、長野久義に安打を許し、ここで左の田中健二朗にスイッチ。田中健は左の大城卓三に四球を与え、三上朋也がマウンドにあがった。ここを踏ん張りたい三上だったが、陽岱鋼にフェンス直撃の2点適時二塁打で同点に追いつかれると、続く代打・宇佐見真吾にフェンス直撃の2点適時二塁打で逆転を許した。このイニング3人の投手を継ぎこんだが、4失点で痛い逆転負けとなった。

 同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-DeNA戦』で解説を務めた谷繁元信氏は「ベンチからブルペンは絶対に連絡していると思うんですよ」と話した上で、「投げる順番、場面に選手とベンチが一致していない気がするんですよね」と指摘。

 実況を務めた松本秀夫アナウンサーに「これは“たられば”ですが、谷繁さんが考える7回の投手継投は?」と聞かれると、谷繁氏は「逆転されるまでは三嶋でいかせて、三上を出すのであれば、(イニングの)頭から三上で良かったんじゃないかなと思います。キャッチャーとして考えると、その方がリードしやすいですね」と捕手目線で継投について言及した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM