ニュース

DeNA・ラミレス監督、打線の組み替えについて「データをチェックして…」

無断転載禁止
DeNAのラミレス監督
2018.07.04 18:00
読売ジャイアンツ 4 終了 8 横浜DeNAベイスターズ
東京ドーム
● 巨人 4 - 8 DeNA ○
<13回戦・東京ドーム>

 DeNAは打線を大きく入れ替えて、11安打8得点を奪い巨人に8-4で勝利した。

 DeNAは2回に嶺井博希が振り逃げで出塁すると、8番投手・ウィーランドの二塁打で幸先良く先制。3回は1番・桑原将志、前日の5番から3番に打順を変更した宮崎敏郎がライト前ヒットで一、三塁。4番・筒香嘉智が四球を選ぶと、3番からに変更となった5番・ソトがレフトへ2点適時打。乙坂智の犠打で二、三塁とし、嶺井が2点適時二塁打で、この回4点を挙げた。

 5-4となった9回は安打と四死球で満塁の好機を作ると、途中出場の戸柱恭孝の3点適時二塁打が飛び出し、試合を決めた。

 ラミレス監督は「データをチェックしてこの方がいい、と。もちろんデータはうまくいくときも、いかないときもある。きょうは、これでしっかり結果を出せた」と喜び、嶺井、戸柱の両捕手がバットで結果を残したことについても「久しぶりだと思う。きょうみたいな風になってくれたら」と振り返った。

【3日のスタメン】
1(中)桑原将志
2(右)神里和毅
3(一)ソト
4(左)筒香嘉智
5(三)宮崎敏郎
6(二)柴田竜拓
7(捕)嶺井博希
8(投)バリオス
9(遊)大和

【4日のスタメン】
1(中)桑原将志
2(遊)柴田竜拓
3(三)宮崎敏郎
4(左)筒香嘉智
5(一)ソト
6(右)乙坂智
7(捕)嶺井博希
8(投)ウィーランド
9(二)石川雄洋

(取材・ニッポン放送アナウンサー洗川雄司)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM