ニュース

巨人、反撃ムードも…痛すぎる9回の失点 真中氏「ダメージの大きい2発」

無断転載禁止
巨人・高橋監督=東京ドーム(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.07.08 14:00
読売ジャイアンツ 6 終了 4 広島東洋カープ
東京ドーム
● 巨人 2 - 5 広島 ○
<12回戦・東京ドーム>

 0-3の8回に坂本勇人の適時二塁打で2点差に迫った巨人だったが、9回に登板した中川皓太が2本の本塁打を浴びピリッとしなかった。

 1-3の9回からマウンドにあがった中川は、この回先頭の7番・西川龍馬に1ボール1ストライクから3球目のストレートをライトスタンドに放り込まれると、続く8番・会沢翼にもライトスタンド最前列に二者連続本塁打を浴びた。中川は結局、1つもアウトを奪うことできず降板。

 同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』で解説を務めた真中満氏は「ダメージの大きい2発でしたよね」と振り返り、巨人の救援陣については「勝ちゲームが沢村とマシソン。上原がそこまでの状態ではないですからね。沢村も今年投げていて疲労などもありますから、安定しているのはマシソンくらいですよね。かなり厳しい中継ぎ陣ですよね」と語った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM