ニュース

中日、打線爆発で最下位脱出 ビシエド2発6打点、平田の2四球が効果大

無断転載禁止
5回に特大2ランを放ったアルモンテ(右)を出迎えるビシエド(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.07.10 18:00
横浜DeNAベイスターズ 8 終了 13 中日ドラゴンズ
横浜
● DeNA 8 - 13 中日 ○
<13回戦・横浜>

 中日が打撃戦を制し最下位脱出。4番ビシエドが2本塁打6打点をマークするなど、計14安打で13得点。自らも2打点をマークした先発・山井は、5回4失点ながら3勝目(2敗)を手にした。

 中日は初回、ビシエドの12号2ランで先制。4-4で迎えた5回は、5番アルモンテの11号2ランで勝ち越した。6回は2番京田の右前適時打で7-4としたあと、ビシエドが13号満塁弾を右中間席へ。7回にも京田に2号2ランが飛び出し、両軍合わせ6本塁打の空中戦を制した。

 中日は10-5で勝利した3日の阪神戦(甲子園)に続き、7月2度目の2ケタ得点。この試合からクリーンナップの並びを3番平田、4番ビシエド、5番アルモンテに替え、3日以降は1試合平均6.7得点をマークしている。

 この試合、平田に一発は生まれなかったが、現在打率リーグトップの背番号6は、1安打2四球で計3出塁。ビシエドの2発の前はいずれも四球で歩き、二死からの複数得点の足掛かりを作った。

 平田は打率だけではなく、出塁率も.416と高い。つなぐ3番として、後ろを打つビシエドとアルモンテの打点増加、打線の活発化を呼び起こしている。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西