ニュース

巨人、球宴挟み5連勝&5割復帰! 内海粘投3勝目「僕のスタイル出た」

無断転載禁止
阪神戦に先発した巨人・内海(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.07.16 18:00
阪神タイガース 3 終了 4 読売ジャイアンツ
甲子園
● 阪神 3 - 4 巨人 ○
<13回戦・甲子園>

 巨人が阪神を下し、球宴を挟み5連勝。後半戦開幕を託された先発・内海が、6回6安打1失点の粘投で3勝目(1敗)を挙げた。

 巨人は1点を追う5回、一死から1番坂本が四球で歩き、続く吉川尚の打席でエンドランを敢行。これが鮮やかに決まり、二、三塁と好機を広げ、3番マギーが逆転となる2点適時打を左前へ運んだ。8回には5番亀井が9号2ランを左翼ポール際へ運び2点を追加。序盤は拙攻が目立ったが、中盤以降は効率よく加点した。

 内海は初回、二死から3連打を浴び失点。2回以降も走者を背負う投球が目立ったが、ベテランらしい粘りの投球で試合を作った。6回94球を投げ、6安打1失点の粘投。7回からリリーフ陣にあとを託した。

 3点リードの8回に3番手・沢村が2点を失ったが、最後はマシソンが締め6セーブ目(2敗)。3勝目を手にした内海は、「ピンチの連続でしんどかったが、僕のピッチングスタイルは粘り。その粘りがずごく出た試合だったと思います」とヒーローインタビューで振り返った。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西