ニュース

巨人の“新1、2番”に江本氏「こういう姿を早く見たかった」

無断転載禁止
3ランを放ち、一走重信(左端)らに迎えられる巨人・吉川尚(右端)=横浜(C)KYODO NEWS IMAGES
 巨人の重信慎之介、吉川尚輝の“1、2番コンビ”が全打点を叩きだした。

 初回1番・重信がセンター前ヒットをは放つと、続く2番・吉川尚のレフト前への打球でスタートを切っていた重信が一塁から一気に生還した。31日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター DeNA-巨人戦』で解説を務めた江本孟紀氏は「今のは素晴らしい攻撃ですよね。つられて1、2番が上手く絡み合わないといけないので、見事にいい絡みをしましたね」と絶賛した。

 続く2回は二死一、二塁から重信がセンター前適時打で1点を追加すると、なお一、二塁と好機が続き吉川尚がライトスタンド最前列に飛び込む3ラン。江本氏は吉川の3ランに「振り回さないで上から叩いている。たまたまホームランになりましたけど、バッティングの形が非常にいいですね」と評価した。

 勢いの止まらない1、2番コンビは、8回二死二塁から重信が適時打、吉川尚も二安で猛打賞をマーク。江本氏は「こういう姿を早く見たかった。1、2番がうるさいというのは相手が嫌がるんですよ。このまま続けてできるようになればいいんですけどね」と今後の活躍に期待を寄せた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM