ニュース

オリックス、連敗を4で止める 元阪神・岩本がNPB復帰後初勝利

無断転載禁止
移籍後初勝利を挙げたオリックス・岩本=ヤフオクドーム(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.08.04 14:00
福岡ソフトバンクホークス 2 終了 3 オリックス・バファローズ
ヤフオクドーム
● ソフトバンク 2 - 3 オリックス ○
<14回戦・ヤフオクドーム>

 オリックスが延長12回の総力戦を制し、連敗を4でストップ。かつて阪神に在籍し、今季途中までBCリーグ・福井でプレーしていた岩本輝投手が、NPB復帰後初勝利を挙げた。

 オリックスはこの日も打線が低調。それでも、来日3戦目となった先発・ローチが、8回途中6安打1失点の好投。打線の援護なく初白星とはならなかったが、この試合でも先発の役割を果たした。

 打線は1点を追う7回、4番吉田正が16号ソロを放ち同点。延長10回は、先頭の7番小田が右中間への三塁打でチャンスメイクし、続く福田が勝ち越しとなる適時打を中前へ運んだ。しかしその裏、抑えの増井が1点を失い2-2の同点。守護神はまたもリードを守れず、2試合連続のセーブ失敗となった。

 それでも11回裏は、5番手の岩本がわずか8球で3者凡退。直後の12回表、途中出場・武田の中犠飛で決勝点を奪うと、最後は6番手の比嘉が今季初セーブで締めた。

 勝利投手は、11回をパーフェクトに抑えた岩本。7月から加わった背番号91は、これで移籍後6試合連続無失点。2勝を挙げた阪神時代の15年以来となる、3シーズンぶりのNPB白星を手にした。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西