ニュース

巨人、最後はアダメスが締めた!江本氏「やり繰りしていくしかない」

無断転載禁止
ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める江本孟紀氏
2018.08.04 14:00
中日ドラゴンズ 4 終了 6 読売ジャイアンツ
ナゴヤドーム
● 中日 4 - 6 巨人 ○
<16回戦・ナゴヤドーム>

 巨人は2点リードの9回、アダメスが無失点に抑えなんとか逃げ切った。

 開幕前に勝利の方程式として期待された上原浩治、カミネロ、マシソンが現在二軍調整中。苦しいリリーフの台所事情の中、前日に代役守護神の沢村拓一が、中日・大島洋平に押し出し四球を与えサヨナラ負け。

 この日は2点リードの9回、マウンドにあがったのは沢村ではなく、アダメスだった。アダメスは先頭の平田良介にセンター前に運ばれるも、アルモンテを二併殺で二死とする。高橋周平に中安、藤井淳志に四球を与えピンチを招いたが、最後は堂上直倫を三ゴロに打ち取り試合を締めた。

 同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル 中日-巨人戦』で解説を務めた江本孟紀氏は巨人の救援事情に「この辺はやり繰りしていくしかない。チーム状況を現している」と話し、「どう起用して逃げ切っていくのかなどありますけど、リリーフピッチャーをどうやって使っていくかが、今後ベンチの大きな仕事になりますね」とやり繰りの重要性を説いた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM