ニュース

江本氏がみた巨人・アダメス

無断転載禁止
ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める江本孟紀氏
 4日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル 中日-巨人戦』で解説を務めた江本孟紀氏が、プロ初セーブを挙げた巨人・アダメスについて言及した。

 2点リードの9回からマウンドにあがったアダメスは、先頭の平田良介に投じたスライダーをセンター前に運ばれる。このスライダーに江本氏は「1ストライク取った後ですからストライクからボールになるような球を投げないといけないところを、ど真ん中に入っちゃいましたね」と厳しい評価。

 続くアルモンテを二併殺に仕留めるも江本氏は、「抑えたというか、良いボールはありますけど、ストライクをどんどん取っていかないとダメですね」とコメント。アダメスは高橋周平に中安、藤井淳志に四球を与えてしまったが、最後は堂上直倫を三ゴロに打ち取り、なんとかリードを守り切った。
 
 また、江本氏はアダメスの投球フォームについて「投げ方を見ても下半身が全く使われていない。上体の強さだけで投げている」と指摘していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM