ニュース

西武・辻監督「8回は斉藤大と決めていました」

無断転載禁止
西武の辻発彦監督
 西武の辻発彦監督は5日の日本ハム戦、3点リードの8回からドラフト1位ルーキーの斉藤大将をマウンドに送った理由に説明した。

 7-4と3点リードの8回、斉藤大が登場。先頭の俊足・西川遥輝に安打を許すも、続く松本剛を併殺打。斉藤大は近藤健介に安打を許したところで降板し、ワグナーがマウンドにあがった。ワグナーは中田翔に四球を与えたが、レアードを空振り三振に仕留めピンチを脱した。

 辻監督は「8回は斉藤でいかせると決めていました。最近のピッチングの内容がいいし、低めに投げられている」と勝ち試合の8回にマウンドを送った理由を説明。ただ、この日の投球に辻監督は「斉藤からワグナーのリレーはヒヤヒヤものでした」と振り返った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM