ニュース

里崎氏、勝利した巨人に「高橋監督の策が見事にハマった」

無断転載禁止
阪神に勝利し、タッチを交わす巨人ナイン=東京ドーム(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.08.08 18:00
読売ジャイアンツ 3 終了 1 阪神タイガース
東京ドーム
○ 巨人 3 - 1 阪神 ●
<17回戦・東京ドーム>

 スタメンを大幅に入れ替えた巨人が阪神に3-1で勝利した。

 巨人は2カ月ぶりに阿部慎之助が先発出場、4番・岡本和真は今季初のレフトでのスタメン、昇格したばかりのルーキー・若林晃弘をショートで起用するなど、前日から大幅に打順を入れ替えた。

 0-0の初回二死走者なしからマギー、岡本の連打で二、三塁の好機を作ると、5番・阿部がライトスタンド中段に突き刺す先制の3ラン。久々のスタメンとなった阿部が1打席目で、早速結果を残した。

 同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-阪神戦』で解説を務めた里崎智也氏は「2カ月ぶりのスタメン復帰の阿部が、初回の1打席目で追い込まれながら3ランを打つ。昨日の悪い流れから一発で流れを引き込むのは、さすがとしか言いようがないですね」と褒めた。

 投げては先発・吉川光夫が、走者を出しながらも粘りのピッチングで6回無失点。7回からは宮国椋丞、沢村拓一、アダメスのリレーで逃げ切った。

 里崎氏は「高橋由伸監督の阿部起用、宮国、沢村、アダメスと繋いだ策が見事にハマりましたね」と振り返った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM