ニュース

日本ハム連敗ストップ、田中賢がV打 ソフトBは再び借金1、森が4敗目

無断転載禁止
日本ハムのマルティネス(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.08.11 14:00
福岡ソフトバンクホークス 1 終了 3 北海道日本ハムファイターズ
ヤフオクドーム
● ソフトバンク 1 - 3 日本ハム ○
<18回戦・ヤフオクドーム>

 日本ハムが接戦を制し、連敗を2でストップ。同点で迎えた9回にベテラン・田中賢が決勝点となる2点適時打を放った。敗れたソフトバンクは再び借金1。連勝は2でス止まった。

 日本ハム打線はソフトバンクの先発左腕・大竹の前に4回まで無得点。それでも1点を追う5回、7番アルシアの12号ソロで同点に追いつくと、9回は代わった森から一死満塁の好機を作り、途中出場の田中賢が中前への2点適時打を放った。

 先発のマルティネスは6回1失点の粘投。今季9勝目とはならなかったが、要所を締める投球で試合を作った。7回以降は救援陣が無失点リレー。3番手のトンキンが4勝目(2敗12セーブ)、4番手の浦野は4セーブ目(2勝1敗)をマークした。

 ソフトバンクは大竹が6回1失点と好投するも、打線の援護なくデビューから2戦2勝とはならず。同点の9回は抑えの森に託したが、田中賢に決勝点となる2点適時打を浴び4敗目(1勝19セーブ)を喫した。


※初出時のスコア表記に誤りがございました。訂正し、お詫びいたします(8月11日18時05分)。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西