ニュース

江本氏が挙げた“広島対策”とは…

無断転載禁止
広島打線の中心として活躍する丸佳浩(C)KYODO NEWS IMAGES
 28日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』で解説を務めた江本孟紀氏は、広島対策について言及した。

 江本氏は「今までの普通の攻め方をしていたら抑えられません。広島打線はずっと打ち続けますよ。攻め方というと、インコース攻めを徹底するしかない」と広島打線を封じる秘策に“内角攻め”を挙げた。

 「打ちやすい球がくると広島は思い込んでいるので、そこを変えないと。広島の選手は相手を良く読んでいるんですよ。2位以下のチームは、データを一切辞めて、徹底してインコース攻める。たまに外角を投げればいい。バッティング自体の調子は崩れていきますよ」と続けた。

 「草野球程度のアドバイスしかできないんですけど、その程度なんですよ。それすらできていないんだから。データ、データと言いたがるんですけど、全然活きていないんですよ。データは関係ないんですよ。広島がなぜ打てるかというデータが全く入っていない。はっきりいえば分析力がない。ただデータを取っているだけ。だからデータは関係ないんですよ」と指摘した。

 首位を走る広島を封じるためには、江本氏が話したように“インコース攻め”の徹底が重要になっていきそうだ。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM