ニュース

谷繁氏がみた首位・広島の強さ

無断転載禁止
リーグ3連覇を達成した広島(C)KYODO NEWS IMAGES
 1日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-広島』で解説を務めた谷繁元信氏が、首位・広島の強さについて語った。

 谷繁氏が“広島の強さ”について言及したのは5回の攻撃。広島は0-0の5回、先頭の鈴木誠也のソロで先制すると、無死一、二塁から西川龍馬のタイムリー、一死一、三塁から大瀬良大地のスクイズ。続く野間峻祥がライト前に運び満塁にすると、菊池涼介は一邪飛に倒れたが、丸佳浩の死球でこの回4点を挙げた。

 この攻撃に谷繁氏は「この辺が広島の強さですよね。スクイズの時の三塁ランナーの田中の打球判断力、西川の無死一、二塁でのバッティング。野間のバッティング。選手個々がこの場面で何をしなければいけないか分かっていますよね」と分析。

 谷繁氏は無死一、二塁からタイムリーを放った西川を例に挙げ、「西川だったら低めのボールを振ってはいけない。なぜかというとダブルプレーを打ってはいけないから、高めに目付して高めを打っていく。個々にできるようになっていますよね」と選手たちが自身の役割を理解してプレーしているように見えたようだ。

「それができるようになるまで、コーチがアドバイスしたと思うんですけど、選手たちが実践できる力、センスですよね」と評価していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM