ニュース

ロッテ・シェッパーズ来日初勝利 ソフトBは11失点、連勝は4止まり

無断転載禁止
ソフトバンク戦に先発したロッテのシェッパーズ=ZOZOマリン(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.09.05 18:15
千葉ロッテマリーンズ 11 終了 3 福岡ソフトバンクホークス
ZOZOマリン
○ ロッテ 11 - 3 ソフトバンク ●
<16回戦・ZOZOマリン>

 ロッテが連敗を4でストップ。先発転向3戦目の新助っ人・シェッパーズは、5回8安打3失点で来日初勝利(3敗1セーブ)を挙げた。

 ロッテは初回、3番角中の6号2ランで先制。3回以降も5番鈴木の5号2ラン、2番平沢の2号3ランなどで加点し、2日の日本ハム戦(ZOZOマリン)から組み替えた打線が5回までに11点を奪った。

 先発のシェッパーズは、打線の援護にも恵まれ5回3失点で移籍後初勝利。大量リードの6回以降は、唐川、益田、チェンが無失点リレーで試合を締めた。

 ソフトバンクは計11失点で大敗。8月中旬から続いた9連勝に続き、今回もロッテに連勝を4で止められた。負け投手は3回4失点の先発・松本。今季初黒星(1勝)を喫した右腕は、「自分のバランス、タイミングで投げることができませんでした。試合の中で修正していこうと思いましたが、思うように修正できず、チームに迷惑をかけてしまいました」と降板後に話した。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西