ニュース

DeNA・宮崎の好走塁に谷繁氏「いい判断」

無断転載禁止
DeNA・宮崎敏郎
● DeNA 6 - 7 ヤクルト ○
<20回戦・横浜>

 DeNAの宮崎敏郎が、好走塁を見せた。

 3-3の5回一死走者なしから宮崎は、レフト前にヒットを放ち出塁。続くロペスはレフトへ打ち上げ、レフトフライに倒れる。ここで一塁走者の宮崎は、レフト・バレンティンの捕球体勢を見てタッチアップ。二塁へ進塁した。

 この走塁に8日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター DeNA-ヤクルト戦』で解説を務めた谷繁元信氏は「宮崎がいい判断しましたね」と話し、「バレンティンが捕球体勢に入っている位置との距離感を自分でしっかり計算して、イケると思ってスタートを切りましたよね」と解説した。

 宮崎の好走塁の後、筒香嘉智が死球、続くソトがバックスクリーンに飛び込む第29号3ランを放った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM