ニュース

大谷、今季20本目の二塁打で2戦連続安打 田沢は完璧救援で3戦連続0封

無断転載禁止
マリナーズ戦に「4番・指名打者」で先発出場した大谷翔平
● エンゼルス 2 - 8 マリナーズ ○
<現地時間9月13日 エンゼル・スタジアム>

 エンゼルスの大谷翔平選手が13日(日本時間14日)、本拠地でのマリナーズ戦に「4番・指名打者」で先発出場。9回に今季20本目となる二塁打を放ち、2試合連続安打とした。

 マリナーズの先発は右腕のリーク。大谷は初回、二死二塁の好機で打席に入ったが、追い込まれたあとの外角球に手が出ず見逃し三振に倒れた。4回の第2打席は痛烈な打球を放つも、相手の好守に阻まれ遊ゴロ。7回の第3打席もリークの前に一塁ゴロに倒れた。

 それでも1-8で迎えた9回、3番手右腕のブラッドフォードから痛烈な中前二塁打をマーク。大谷の二塁打は今季20本目となり、この日は4打数1安打1三振の内容で、打率は.294となった。

 エンゼルスは投手陣が序盤から失点を重ねたが、4回途中から登板した田沢が好投。右腕は1回1/3を打者4人でパーフェクトに封じ、エンゼルス移籍後の防御率を2.08とした(今季通算は7.77)。

 エンゼルスは同地区3位のマリナーズに完敗し、連勝は2でストップ。今季のプレーオフ進出の可能性が消滅した。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西