ニュース

ヤクルト3連勝、3位巨人と4差 原が8回0封で5勝目&貴重な適時打

無断転載禁止
阪神戦に先発したヤクルト・原(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.09.14 18:00
阪神タイガース 0 終了 4 東京ヤクルトスワローズ
甲子園
● 阪神 0 - 4 ヤクルト ○
<20回戦・甲子園>

 2位のヤクルトは引き分けを挟み3連勝。先発・原の投打に渡る活躍が光った。

 ヤクルトは初回、4番バレンティンの左前適時打で先制。その後は阪神先発・小野の前に拙攻を繰り返したが、6回は二死から一、二塁の好機を作り、9番原が2点目となる適時打を左前へ弾き返した。なおも代わった能見から、2番青木が2点適時打を中前へ。一挙に3点を加え4-0とリードを広げた。

 原は投げても安定感抜群。緩急自在の投球で4回まで無安打投球を展開すると、初安打を許した5回も無失点で締めた。雨脚が強まった6回以降も丁寧な投球。8回121球、2安打9奪三振無失点の快投で5勝目(7敗)を手にした。

 ヤクルトは2勝1分と勝ち越した前カードの3位・巨人戦に続き、4位・阪神との2連戦初戦にも快勝。3連勝で再び貯金を2とし、DeNAに敗れた巨人とのゲーム差を4に広げた。

 阪神は投打とも振るわず再び借金9。4回には好調だった遊撃手・北條が負傷交代し、先発の小野は6回途中4失点で6敗目(7勝)を喫した。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西