ニュース

大谷翔平、4の0で3試合ぶり無安打 エンゼルス完封負けで連敗

無断転載禁止
エンゼルス・大谷翔平
● エンゼルス 0 - 5 マリナーズ ○
<現地時間9月14日 エンゼル・スタジアム>

 エンゼルスの大谷翔平選手が14日(日本時間15日)、本拠地でのマリナーズ戦に「4番・指名打者」で先発出場。この日は4打数無安打に封じられ、3試合ぶりのノーヒットに終わった。

 エンゼルスの先発は左腕のエリアス。大谷は0-0の2回、先頭打者として打席に入ったが、大きく割れるカーブにバットが出ず見逃し三振。0-3の4回は、フルカウントからの内角直球に詰まらさせニゴロに倒れた。

 6回の第3打席は右腕のアームストロングと対戦。2球目のカットボールを逆方向へ弾き返したが、ライナー性の打球は左翼手の守備範囲だった。

 0-5の8回は左腕のデュークと対戦。二死一、二塁の好機だったが、5球目に手を出し二ゴロに打ち取られた。この日は4打数無安打1三振の内容。連続試合安打は2で止まり、打率は.290となった。

 エンゼルスは打線全体でも6安打に封じられ、本拠地で完封負け。先発のシューメーカーは5回途中3失点で今季初黒星(2勝)を喫した。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西