ニュース

DeNA、20失点大敗で再び最下位 今永6失点、リーグワースト10敗目

無断転載禁止
DeNA・今永昇太=横浜スタジアム(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.09.16 14:00
横浜DeNAベイスターズ 4 終了 20 阪神タイガース
横浜
● DeNA 4 - 20 阪神 ○
<22回戦・横浜>

 阪神が今季最多の20得点で大勝。3番の大山が3本塁打を含む6打数6安打7打点と爆発した。DeNAは投手陣が崩壊し再び最下位へ転落。3回途中6失点の先発の今永は、リーグワーストタイの10敗目(3勝)を喫した。

 DeNAは自身3連敗中の今永がまたしても背信投球。初回に2点を失うと、同点に追いついてもらった3回にも、先頭の3番大山に勝ち越しソロを許した。さらに、連打と四球で無死満塁のピンチを作ると、ラミレス監督はたまらず2番手・田中にスイッチ。しかし、代わった左腕は2者連続で押し出し四球を許したあと、相手先発の9番藤浪に痛恨の満塁弾を浴びてしまった。

 今永は計6失点で、これで直近6登板で5度目の5失点越え。さらに、5回未満での降板は5試合連続となり、防御率は7.10まで悪化した。

 DeNAは田中も5失点と炎上し3回だけで9失点。4-11で迎えた8回も三嶋と砂田が打ち込まれ、この試合2度目となる1イニング9失点を記録してしまった。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西