ニュース

ヤンキースがメジャー新記録「同一球団で12人の2ケタ本塁打」

無断転載禁止
ヤンキース移籍後10本目の本塁打を放ったボイト

チーム本塁打の球団記録も更新中


 田中将大が所属するヤンキースが衝撃的な記録を打ち立てた。

 現地時間9月20日(日本時間21日)、本拠地で行われているレッドソックスとの一戦でルーク・ボイトが今季第11号の本塁打。1本はヤンキース移籍前のカージナルス時代に打ったものであり、これがヤンキースに来てからの10本目。ということで、ボイトはヤンキースの今季12人目の2ケタ本塁打者となった。

 これまでの同一球団による2ケタ本塁打記録者の最多人数は、昨季のアストロズなどが記録した「11人」。ヤンキースはこの記録を上回り、メジャー新記録を樹立した。

 なお、チーム総本塁打も246本となっており、球団最多記録を更新中である。


ヤンキース・12人の2ケタ本塁打

34本 ジャンカルロ・スタントン
26本 ディディ・グレゴリアス
26本 アーロン・ジャッジ
25本 ミゲル・アンドゥハー
24本 アーロン・ヒックス
23本 グレイバー・トーリス
16本 ゲーリー・サンチェス
12本 ブレット・ガードナー
11本 グレグ・バード
10本 オースティン・ロマイン
10本 ニール・ウォーカー
10本 ルーク・ボイト

※日本時間21日9時30分現在


ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西