ニュース

江本氏、巨人の5回の継投に苦言!?

無断転載禁止
ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める江本孟紀氏
2018.09.29 18:00
読売ジャイアンツ 7 終了 8 広島東洋カープ
東京ドーム
● 巨人 7 - 8 広島 ○
<23回戦・東京ドーム>

 29日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』で解説を務めた江本孟紀氏は、巨人の継投に苦言を呈した。

 江本氏が苦言したのは3-2の5回無死満塁で先発・今村信貴からアダメスにスイッチした場面。なんとか踏ん張りたいアダメスだったが、最初の打者・鈴木誠也に押し出し四球で同点に追いつかれると、続く西川龍馬には内野ゴロの間に三塁走者の生還を許し勝ち越される。

 なお一死一、三塁とピンチは続き野間峻祥、小窪哲也、石原慶幸に3連打を浴び3失点。アダメスは一死しか奪えず降板した。その後、巨人は同点に追いついたが、9回に守護神・山口俊が西川に適時打を浴びて7-8で敗れた。

 江本氏は5回の継投に「この一番キツい場面で、一番コントロールの悪いピッチャーを出すのがわからない。これが(ジャイアンツの)いつものパターンなんですよ。能力を発揮できる人を使わないと、ただ駒で出しているだけではダメですよ」とバッサリ。

 「この場面は球威がなくても、コントロールの良い投手を出すのが大前提。投げてどこいくか分からない投手を満塁で出すのは、やられるに決まっている」と制球難のアダメスを起用したことに納得がいかなかったようだ。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM