ニュース

ヤクルトCS敗退、再起誓う―― 小川監督「来年に向けて新たに変化していかなければいけない」

無断転載禁止
5回ヤクルト二死二塁、好機で空振り三振に倒れ、うつむく山田哲。左奥はタッチ交わす上原と小林の巨人バッテリー=神宮(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.10.14 18:00
東京ヤクルトスワローズ 0 終了 4 読売ジャイアンツ
神宮

巨人・菅野にノーノー許して敗退


 CSファーストステージ第1戦を落とし、崖っぷちに追い込まれたヤクルトの前に立ちはだかったのは、巨人のエース・菅野智之だった。

小川淳司監督は試合前、冷静な口調で「勝つしかないので」と語り、第2戦は2番に川端慎吾、7番には上田剛史を据える新オーダーで挑んだが、完敗。CS史上初となるノーヒットノーランを献上してしまった。試合後、川端は菅野について「いつもよりコントロールが素晴らしかった」と素直に負けを認めるしかなかった。

ヤクルト先発の原樹理は初回、巨人打線を三者凡退に抑えて上々の立ち上がりを見せたものの、2回に長野久義にバックスクリーンの左へソロ本塁打を浴びて先制を許してしまう。

4回には、「2本目、3本目が甘く入ってしまった」と先頭のマギーに左中間へのソロ本塁打、さらに二死一塁で亀井善行に右翼スタンドへ2ランと計3発を浴びてしまいKO。プロ3年目の原樹理にとって初めてのCSという大舞台だったが、「こういうところで抑えられる投手にならないと」と悔しい敗戦となった。


CS欠場の青木「今季をプラスにすることが大事」


昨季、球団ワーストの96敗という屈辱を味わい、今季はレギュラーシーズン2位と躍進を遂げたヤクルト。メジャーリーグから青木宣親が7年ぶりに復帰し、シーズン後半から2番に定着。3番・山田哲人、4番・バレンティンと続く打線は他球団にとって脅威となった。

しかし、その青木が10月2日のDeNA戦(神宮)で左太ももを痛めた影響でCSはベンチスタート。代打での出場機会もなくシーズンを終えた。青木は「悔しいよね」と語り、「自信にしていい部分と、やらなければいけない部分がある。今季をプラスにすることが大事」と決意を新たにした。

 1番打者としてチームを引っ張った坂口智隆も、「結果がすべての短期決戦。この悔しさを持って来年に向けて準備したい」と来季へ向けて再スタートを約束した。


指揮官は「この悔しさを次に」


 レギュラーシーズンでは巨人に勝ち越したヤクルトだったが、“超短期決戦”のファーストステージで2連敗。試合後、小川監督は「これは勝負ですから。勝負に負けたということ」と悔しさをにじませたが、「シーズン通して選手はよく頑張ったと思います。2位という順位も選手の頑張り」と、最後まで戦い抜いた選手たちを称えた。
 
それでも、1位の広島東洋カープに7ゲーム差と離され、力の差を見せつけられたのも現実。そして、このCSでの敗戦を来季へつなげることも忘れてはいない――。

「まだまだ優勝争いをしたわけではないので、これで良いというわけではない。さらに個々のレベルアップをしていかなければいけないし、チーム力というものを上げていかなければいけない。来年に向けて新たに変化していかなければいけないと思っている」と力を込めた。

 最後は「この悔しさを次につなげていかないといけない」と締めくくった指揮官。再起を誓ったツバメ軍団が、来季こそセ・リーグの主役を演じてみせる。


取材・文=別府勉(べっぷ・つとむ)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西