ニュース

ソフトB・西田、「価値ある」絶妙セーフティー

 2位から日本シリーズ進出を目指すソフトバンクの“ラッキーボーイ”になりつつある西田哲朗が、またも良い仕事をした。

 2-0と2点リードの2回表。二死走者なしで打席に入った西田は、相手の意表をつくセーフティーバントを敢行。打球は投手・今井達也が処理をするも、二塁を守る浅村栄斗のベースカバーが間に合わず、これが内野安打に。すると、続く甲斐拓也がレフトスタンドに叩き込む2ラン。点差を4点に広げた。

 20日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル CSファイナルステージ 西武-ソフトバンク戦』で解説を務めた山崎武司氏は、甲斐の本塁打を呼び込んだ西田のセーフティーを絶賛。「打った甲斐も素晴らしいですけど、西田は価値あるセーフティになりましたよね」と話し、「いつどこからでもホームランがでるか分からない打線なので、こういう内野安打で出塁するのは大きいですよね」と振り返った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM