ニュース

広島先勝、1勝1分けで敵地へ! 誠也3打点、ジョンソン7回1失点の快投

無断転載禁止
5回に中前への2点打適時打をを放つ広島の鈴木=マツダスタジアム(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.10.28 18:30
広島東洋カープ 5 終了 1 福岡ソフトバンクホークス
マツダスタジアム
SMBC日本シリーズ2018・第2戦
○ 広島 5 - 1 ソフトバンク ●
<10月28日 マツダスタジアム>

 投打が噛み合った広島が快勝。通算1勝1分けと先手を奪い、敵地・ヤフオクドームに舞台を移す第3戦に臨むことになった。

 広島は初回、二死三塁の好機を作ると、4番鈴木が遊撃への適時内野安打を放ち先制。3回は無死二、三塁から3番丸の左犠飛で2点目を奪ったあと、なおも二死二塁の好機で、5番松山が3点目となる適時打を左前へ弾き返した。

 5回は、丸のこのシリーズ初安打となる右線二塁打などで一死二、三塁とし、鈴木の中前2点適時打で5-0とした。広島は4番鈴木の3打点をはじめ、3番丸、5番松山もぞれぞれ1打点を記録。中軸の勝負強さが光った。

 投げては先発のジョンソンが3回までパーフェクト投球。4回は四球と初被安打などで無死一、三塁のピンチを招いたが、ソフトバンクの中軸に決定打を許さなかった。左腕は5点リードの7回に1点を返されたものの、7回103球、4安打7奪三振1失点の快投。役割をしっかりと果たし、チームに初勝利をもたらした。

 4点リードの8回以降は、フランスア、中崎が無失点リレー。ソフトバンク打線に反撃を許さなかった。

 ソフトバンクは序盤に拙守が相次ぎ、3回までに3失点。先発のバンデンハークはピンチで踏ん張れず、5回8安打5失点(自責点3)で敗戦投手となった。

 打線は広島投手陣の前に4安打1得点と沈黙。7回に7番松田の中前適時打で1点を返すのがやっとだった。3点を追う4回は、無死一、三塁の好機で頼みの中軸が3者凡退。広島クリーンナップとの差が明暗を分けた。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西