ニュース

広島が先勝!クリーンナップが全打点 ソフトBは無死一、三塁の好機で…

無断転載禁止
4回の好機で空振り三振に倒れるソフトバンク・柳田=マツダスタジアム(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.10.28 18:30
広島東洋カープ 5 終了 1 福岡ソフトバンクホークス
マツダスタジアム
SMBC日本シリーズ2018・第2戦
○ 広島 5 - 1 ソフトバンク ●
<10月28日 マツダスタジアム>

 投打が噛み合った広島が快勝。通算1勝1分けと先手を奪い、敵地・ヤフオクドームに舞台を移す第3戦に臨むことになった。

 広島は初回、二死三塁の好機で、4番鈴木が遊撃への適時内野安打を放ち先制。3回は無死二、三塁から3番丸の左犠飛で2点目を奪ったあと、なおも二死二塁の好機で、5番松山が3点目となる適時打を左前へ弾き返した。

 5回は、丸のこのシリーズ初安打となる右線二塁打などで一死二、三塁とし、鈴木の中前2点適時打で5-0とリードを広げた。広島は4番鈴木の3打点を筆頭に、3番丸、5番松山もぞれぞれ1打点を記録。中軸の勝負強さが光った。

 投げては先発のジョンソンが、7回4安打1失点の快投で勝利投手。8回以降はフランスア、中崎の必勝リレーで締めた。

 ソフトバンクは序盤から拙守が目立ち、3回までに3失点。攻撃的な布陣が裏目に出た。打線は3点を追う4回、無死一、三塁の好機を作るも、3番グラシアルは遊直、4番柳田は空振り三振、5番デスパイネは遊ゴロに倒れた。絶好機で中軸を迎えたものの、1点も返せず攻撃終了。流れを引き寄せることができなかった。

 柳田とデスパイネは、7回に7番松田の中前適時打をお膳立てする連打をマークしたものの、肝心の好機で結果を残せず。広島クリーンナップとの差が、勝敗を分ける結果となってしまった。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西