ニュース 2018.10.30. 20:16

第3戦はソフトBが2点先取 右前適時打の中村晃「先制点になりよかった」

無断転載禁止
ソフトバンク・中村晃
2018.10.30 18:30
福岡ソフトバンクホークス 9 終了 8 広島東洋カープ
ヤフオクドーム

鷹先発・ミランダは粘投、5回まで1失点


 SMBC日本シリーズ第3戦(ヤフオク)はソフトバンクが先制。4回に2点を奪い、今シリーズ初めて先手を奪った。

 ソフトバンクは0-0の4回裏、広島先発・九里に対し、一死から4番柳田、5番デスパイネが連続四球で出塁。一死一、二塁としたあと、6番中村晃が先制となる適時打を右前へ運んだ。背番号7は「打ったのはカットボールです。リラックスして打ちにいきました。先制点になりよかったです」とコメント。ソフトバンクはこのシリーズ、初めて先制点を奪った。

 なおも二死一、二塁から、8番今宮は左前適時打をマーク。「打ったのはスライダーです。チャンスだったのでストライクを積極的に打ちにいきました。よい所に落ちてくれました」と振り返り、貴重な2点目を加えた。

 広島は3回、4回の好機を生かせず、直後に2点を失う嫌な展開。それでも5回、一死から9番安部が右越えソロを放ち、すかさず1点を返した。

cX.callQueue.push(['insertWidget', { widgetId: '2b5c22c2f9aca77097a4830998ad03515c55bc34', insertBeforeElementId: 'cx_2b5c22c2f9aca77097a4830998ad03515c55bc34', width: '100%', height: 303, renderTemplateUrl: 'auto' }]);