ニュース

広島・丸、4三振含む5の0とブレーキ 連発の鈴木は5打席とも走者なしで…

無断転載禁止
1回表、丸が空振り三振に倒れ、捕手の甲斐が田中の二盗を阻止する(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.10.30 18:30
福岡ソフトバンクホークス 9 終了 8 広島東洋カープ
ヤフオクドーム
SMBC日本シリーズ2018・第3戦
○ ソフトバンク 9 - 8 広島 ●
<10月30日 ヤフオクドーム>

 打撃戦を制したソフトバンクが、対戦成績を1勝1敗1分けのタイに戻した。広島も打線陣が奮起するも、反撃は一歩及ばず。5打数無安打4三振に倒れた、丸佳浩外野手の不調が響く結果となった。

 広島は4回に先制され、常に追いかける展開。それでも1-4で迎えた6回、4番鈴木の日本シリーズ初本塁打が反撃の狼煙となった。

 鈴木は3-9で迎えた8回にも2打席連続ソロを放ち、ここから広島打線がつながった。下位打線のチャンスメイクで一死満塁としたあと、9番安部が、こちらもこの試合2本塁打目となるグランドスラムを右翼テラス席へ運んだ。1点差に迫った9回も、鈴木のこの試合3安打目となる右前打などで二死一、三塁の好機。しかし最後は、7番野間が一ゴロに倒れゲームセットとなった。

 広島は投手陣の乱調とともに、3番丸の不調が痛かった。シーズンMVP候補は、第1打席から3打席連続の空振り三振。7回は一死一塁で痛烈な打球を放ったが、不運にも一直での併殺となった。1点を追う9回は先頭打者として打席に入ったが、ソフトバンク・森の前に空振り三振。この試合4つ目の三振を喫した。

 この試合は丸の打席で攻撃が終了するイニングが多く、好調な鈴木は、8回まで4打席連続で先頭打者として打席に入った。9回も先頭の丸が三振に倒れたため、5打席連続で走者がいない状況。若き4番の2連発は空砲となった。

 丸はこのシリーズ、3戦合計で打率.083(12打数1安打)、0本塁打1打点8三振の成績。34年ぶりの日本一へ、大黒柱の復調が待たれる。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西