ニュース

広島2連敗、セは日本Sパ本拠で14連敗…野村3失点黒星、二死から2被弾

無断転載禁止
5回途中で降板した広島先発の野村(右から3人目)=ヤフオクD(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.10.31 18:30
福岡ソフトバンクホークス 4 終了 1 広島東洋カープ
ヤフオクドーム
SMBC日本シリーズ2018・第4戦
○ ソフトバンク 4 - 1 広島 ●
<10月31日 ヤフオクドーム>

 ソフトバンクが連勝。今シリーズの通算成績を2勝1敗1分けとし、日本シリーズの本拠地ゲームはこれで11連勝となった。広島は敵地で2連敗。これでセ・リーグ球団は、巨人が楽天に敗れた13年第7戦から、パ・リーグ本拠地で14連敗となった。

 ソフトバンクは3回、1番上林の右越え2ランで先制。上林にとってこの一発は日本シリーズ初アーチとなった。2-1の4回は、5番デスパイネが2戦連発となる左越えソロを放ち再び2点差。6回は代打・長谷川の中前適時打で4点目を奪った。

 先発の東浜は、5回をソロ被弾による1失点に抑え勝利投手。初回は一死一塁の場面で広島・丸に長打を許したが、野手陣の素晴らしい中継プレーで失点を防いだ。6回以降はモイネロ、武田、嘉弥真、森が1イニングずつを無失点。この日は広島打線に反撃を許さず、最少失点リレーでつないだ。

 広島は初回、一死一塁から3番丸が右中間突破の二塁打を放ったが、本塁生還を狙った一塁走者・菊池が本塁タッチアウト。先制点を奪うことができなかった。4回に4番鈴木が2戦連発となるシリーズ第3号ソロを放ったが、得点はこの1点のみ。この日はソフトバンク投手陣に4安打1得点に封じられた。

 先発の野村は、5回途中3失点で降板。二死からの2被弾に泣き黒星が付いた。6回には3番手の今村が4失点目。投打とも振るわず、1勝2敗1分けと先行された。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西