ニュース

ソフトB工藤監督、初回の中継プレーを称賛 東浜も「あのプレーがすべて」

無断転載禁止
ソフトバンク・工藤公康監督
2018.10.31 18:30
福岡ソフトバンクホークス 4 終了 1 広島東洋カープ
ヤフオクドーム
SMBC日本シリーズ2018・第4戦
○ ソフトバンク 4 - 1 広島 ●
<10月31日 ヤフオクドーム>

 ソフトバンクが連勝し、今シリーズの通算成績を2勝1敗1分とした。日本シリーズの本拠地ゲームはこれで11連勝。2年連続日本一へ前進した。

 ソフトバンクは3回、1番上林の右越え2ランで先制。上林にとってこの一発は日本シリーズ初アーチとなった。2-1の4回は、5番デスパイネが2戦連発となる左越えソロを放ち再び2点差。6回は代打・長谷川の中前適時打で4点目を奪った。

 先発の東浜は初回、一死一塁の場面で、広島の3番丸に右中間突破の長打を許した。それでも、中堅・柳田、二塁・明石が素早い中継プレーを披露。一塁走者・菊池の本塁突入を阻止し、主導権を相手に渡さなかった。

 東浜は2回以降立ち直り、5回をソロ被弾による1失点。6回以降はモイネロ、武田、嘉弥真、森が1イニングずつを無安打無失点リレーでつなぎ、東浜は日本シリーズ初白星を手にした。

 工藤監督は勝利監督インタビューで、「ヤフオクドームで負けるわけにはいかない。多くのファンに見守られて、今日も勝つことができた。ありがとうございます」とファンの声援に感謝。試合展開については、「先制点を取られると相手のペースになってしまう。素晴らしいチームプレーでホームでアウトにした。あそこで『よし、行ける』と思った」と、初回のビッグプレーを真っ先に称えた。

 ヒーローインタビューでお立ち台に上がった東浜も「あのプレーがすべてだと思います」と同調。「初回、不安ななか投げてるところを助けてもらった」と、野手陣に感謝しきりだった。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西