ニュース

崖っぷちの広島、第6戦も空回り…8連続盗塁死、4回に先制許す

無断転載禁止
初回に一塁走者・田中の二盗を阻止するソフトバンクの捕手・甲斐(C)KYODO NEWS IMAGES

好機で野間が空振り三振…主導権つかめず


 ソフトバンクの3勝1敗1分で迎えた日本シリーズ第6戦。負けられない状況で本拠地での第6戦を迎えた広島は、初回から2イニング連続で盗塁死を記録するなど、焦りが見える出だしとなった。

 広島は初回、ソフトバンク先発・バンデンハークに対し、1番田中が左前打で出塁。2番菊池が送りバントを失敗し、一死後、一塁走者・田中が試みた二盗も、リクエスト検証の末、アウトと判断された。

 初回の好機を逸した広島は、2回も一死一、三塁の好機を作った。しかし、外野フライでも先制できる場面で、7番野間は空振り三振。8番石原の打席で、一塁走者・安部が二盗を試みたが、ここもソフトバンク・甲斐の好送球に阻まれた。

 広島はこのシリーズ、8度目の盗塁死。初回、2回と、先頭打者の出塁を活かせずにいると、4回にソフトバンク・西田にスクイズを決められ、あっさりと先制を許してしまった。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西