ニュース

継投と4番への代打…稲葉采配の明と暗「我々は最善の努力をする」

無断転載禁止
記者会見で質問に答える稲葉監督
【2018日米野球・第1戦】
○ 侍ジャパン 7 - 6 MLBオールスター ●
<11月9日(金) 東京ドーム>

 侍ジャパンは9日、東京ドームで行われた『2018日米野球』の開幕戦でMLBオールスターチームと対戦。指揮官の采配によって試合は大きく動き、最終的には柳田悠岐の劇的な2ランで侍ジャパンがサヨナラ勝ちを収めた。


継投の妙!?


 まず大きな動きがあったのは1-1で迎えた5回表、4回を終えて64球だった先発の岸孝之がそのままマウンドにあがるも、7番ホスキンス、8番ロサリオに連打を浴びてしまう。続く9番メリフィールドにも粘られるが、8球目に空振り三振を奪い、一死一二塁。ここで球数制限の80球に到達していたため、1番サンタナの場面で2番手の成田翔にスイッチ。しかし、その成田がレフトスタンドに勝ち越しの3ランを放り込まれた。

 その場面について稲葉監督は「岸投手が投げきってくれれば良かったが80球になり、あそこで(肩を)作っていたのが成田だった」と振り返りつつ、「もっともっと楽な場面で投げさせたかった」と主張。経験値の低い若手を“タフな場面”に送り込み、結果的に裏目に出てしまったが、「その後もしっかり抑えた。逃げずに堂々と投げてくれたので、次に生かしてくれれば良い。次に期待したい」と、気持ちを切り替えて追加点を許さなかったU-23の左腕・成田にエールを送った。


4番に代打


 その裏、侍ジャパンは秋山翔吾の走者一掃となる3点適時三塁打で試合を振り出しに戻すも、6回表に再び本塁打を被弾して2点差に。そのまま9回裏へと突入したが、稲葉監督の思い切った采配が逆転サヨナラを呼び込んだ。一死一塁の場面で上林誠知を果敢に走らせると、これが成功。さらに「台湾戦含めて今日も自分のタイミング、間合いで打てていないという判断(稲葉監督)」のもと、二死二塁の場面で4番の山川穂高に「代打・会沢」。パの本塁打王の状態を見極めた上での采配が奏功し、会沢が中前への適時打でつなぐと、これが柳田のサヨナラ2ランの呼び水となった。

 この采配について稲葉監督は「ジャパンとして勝つことを目標にしている以上、我々は最善の努力をする。4番を代えるというのは苦渋の選択でしたけども、あそこは会沢選手に賭けました」とコメント。試合前に語っていた「来年再来年に向け、思い切って色々なことをやっていきたい」という言葉を実践する形でサヨナラ勝ちを呼び込んだ。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西