ニュース

目立った補強なしも充実の戦力 ソフトバンク・2018年のIN/OUTまとめ

無断転載禁止
日本シリーズ連覇を果たし、胴上げされるソフトバンクの工藤監督(C)KYODO NEWS IMAGES

圧倒的戦力で連覇へ


 リーグ連覇こそ逃したものの、クライマックスシリーズを勝ち抜いて日本一連覇を達成したソフトバンク。シーズン中は続出する故障者に苦しんだこともあったが、最後は地力を見せつけた格好となった。

 そんなチームだが、リーグ奪還と日本一3連覇に向けた動きは早い。頂点に上り詰めた余韻も冷めぬなか、日本一翌日に摂津正や五十嵐亮太といった功労者を含む8選手に戦力外を通告。摂津と城所龍磨は引退となり、五十嵐はヤクルトへの入団が決定的。寺原隼人もヤクルトで現役を続行することが決まった。

 計17名の選手がチームを去った一方、補強は上手く進まなかった。FA権を行使していた浅村栄斗、西勇輝の獲得に乗り出したものの、獲得は叶わず。FA戦線を全敗で終えたうえ、ドラフト以外の新規獲得がない。

 ただし、外国人選手ではバンデンハークやサファテ、スアレス、ミランダ、モイネロ、デスパイネが契約保留者名簿に入り、名簿から外れていたグラシアルも新契約に大筋合意したとの模様が伝えられている。日本一を支えた強力助っ人陣は、変わりない顔ぶれで来季も戦力となってくれそうだ。

 さらに、チームを後押しするのが故障者たちの復帰だろう。特に今季途中に股関節の故障で離脱していた守護神のサファテはリハビリの経過も順調な様子で、春季キャンプからチームに合流する予定。その他にも、投手ではベテランの和田毅や長期離脱を強いられた岩崎翔、打者も不振に苦しんだ松田宣浩や内川聖一といったところの復活・復調に期待がかかる。

 若手の成長も著しいソフトバンクだけに、補強はなくとも戦力的には十分という見立ても多い。今後の補強の動きも含め、どういった準備を進めていくのか。引き続き注目が集まる。


2018年内のIN/OUTまとめ


【IN】11名

▼ ドラフト
<投手>
甲斐野央(22)
杉山一樹(21)
板東湧梧(23)
泉 圭輔(21)
奥村政稔(26)
岡本直也(22)
重田倫明(22)

<捕手>
渡辺 陸(18)

<内野手>
野村大樹(18)

<外野手>
水谷 瞬(17)
中村宣聖(18)


【OUT】17名

▼ 現役引退
<内野手>
本多雄一(33)※一軍内野守備走塁コーチ


▼ 自由契約
<投手>
五十嵐亮太(39)
摂津 正(36)
寺原隼人(35) ※ヤクルトへ
笠原大芽(23)
伊藤祐介(27)
斎藤誠哉(22)
児玉龍也(24)
山下亜文(22) ※巨人へ

<捕手>
張本優大(28)
樋越優一(25)

<内野手>
茶谷健太(20)
森山孔介(20)
松本龍憲(19)

<外野手>
吉村裕基(34)
城所龍磨(33)
幸山一大(22)

※その後、現役引退となった選手も含む

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西