ニュース

【ロッテ】ZOZOマリン「ウイングビジョン」リニューアル

無断転載禁止
イメージ写真[提供=千葉ロッテマリーンズ]
 ロッテは17日、2008年の設置から11シーズンにわたり使用をしてきたウイングビジョンがリニューアルすることになったと発表した。新しいウイングビジョンは国内野球場最長である全長は維持したまま、高さを拡大することにより国内野球場で最大面積を誇るリボンビジョンとなる(横幅は設置当初から最長。面積は、これまでは甲子園が最大)。3月上旬に工事は完了し3月9日のZOZOマリンスタジアムでのオープン戦初戦(中日戦、13時試合開始)から使用を開始。

主な新ウイングビジョンの特長
1.スクリーン高さを従来比約1.3倍(1.28m)に拡大。これまでの横幅としての長さ 国内野球場最長(295.68m)だけではなく、スクリーン面積も国内野球場最大(378.47㎡)のリボンビジョンとなる。

2.高解像度により多彩な表示を実現。水平解像度が従来スクリーン比2.5倍(80ピクセル)となり、より精細で多彩な表示をすることが可能だ。

3.高視野角スクリーンによる視認エリアの拡大。水平視認角度160度の高視野角LEDの採用により視認エリアを大幅に拡大し、より多くの観客に一体感のある映像の提供が可能になる。

〇新ウイングビジョンの仕様。スクリーンサイズ:縦1.28m × 横295.68m、面積 378.47m2
画素構成:縦80ピクセル×横18,480ピクセル。水平視認角度:160度(±80度)

▼ 担当者コメント
「今まで以上に迫力のある映像表示と演出で2019シーズンよりZOZOマリンスタジアムにさらなる一体感を生みだします。ぜひ楽しみにしていてください」
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西