ニュース

【ロッテ】大嶺祐太投手が右肘手術で全治12カ月

無断転載禁止
ロッテの大嶺祐太

昨季は一軍での登板なし


 ロッテは17日、大嶺祐太投手(30)が横浜市内の病院にて右肘内側側副靭帯再建術および鏡視下滑膜切除術を受けたことを発表。全治には12カ月を要する見込み。

 昨季は右肘痛の影響もあり、一軍での登板機会はなく、イースタンリーグでもわずか4試合の登板にとどまっていた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西