ニュース

ロッテ、楽天下し対外試合5連勝! 加藤、チェン、成田らがアピール

無断転載禁止
3回表に楽天先発・藤平から完璧な右越えソロを放つロッテ・加藤

ドラ1・藤原は3打数無安打1四球


 ロッテが楽天との練習試合(金武)に4-1で勝利。これで今キャンプの対外試合は5連勝となった。

 期待の“ドラ1トリオ”は目立たなかったものの、開幕一軍入りを目指す面々が存在感を示した。先発マウンドに上がった左腕のチェンは、初回に先頭の辰己に四球を与えたものの、続く卓丸を注文通りのニゴロ併殺。3番・銀次は遊飛に仕留め、初回を3人で終えた。

 2回以降はストライク先行の投球。テンポよくアウトを重ね、3回を無安打無失点、3奪三振とアピールした。投手陣は2番手・大谷、3番手・阿部もそれぞれ1回無失点。6回に4番手・田中がソロ被弾したが、7回は5番手・高野が1回無失点に抑えると、8回、9回は、6番手・成田が、2回パーフェクトで締めた。

 打線は初回、楽天先発・藤平を攻め、一死から2番・加藤が二塁打で出塁。続く中村の左前適時打で先制すると、5番・バルガスにも左前適時打が生まれ2-0とリードを広げた。3回は再び加藤が、打った瞬間それと分かるソロ弾を右翼席へ。6回は6番・安田の左犠飛で4点目を奪った。

 この日も「1番・中堅」でスタメン出場したドラフト1位・藤原は、3打数無安打、1四球1三振の内容。平沢、安田にもヒットは生まれなかったが、安田は6回に犠飛を放ち打点1をマークした。

 売り出し中の“ドラ1トリオ”は小休止となったものの、開幕一軍入りを争う面々が結果を残した。チームも石垣島でのラミゴ(台湾)2連戦、そして本土上陸後の中日、斗山(韓国)戦に続き、これで対外試合は5連勝となった。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西