ニュース

日本ハムのドラ1・吉田、初先発は1回1失点 自己採点は「50点よりは上」

無断転載禁止
大田に一発を浴びた吉田

初実戦は1回1失点


 日本ハムは16日に沖縄・国頭で一軍・二軍合同の紅白戦を行い、いきなり期待の高卒ルーキー2人が先発。ドラフト1位の吉田輝星とドラフト5位の柿木蓮という昨夏の甲子園・決勝戦の再現を見届けようと多くのファンが詰めかけた。

 先にマウンドに登ったのは白組先発の吉田。紅組のトップバッター・西川遥輝に対してはストライク先行で二ゴロに斬って取るも、続く大田泰示には3球目の速球を完璧にはじき返され、打球はバックスクリーンへ。プロ初の被弾で先制点を許してしまう。

 それでも、清宮幸太郎は1球で二ゴロに斬って二死。そこから横尾俊建と渡辺諒に連続で四球を与えてしまうものの、鶴岡慎也は低めの速球で空振りの三振に斬り、ピンチを切り抜けた。


収穫いっぱいのマウンド


 初実戦を振り返った吉田は「球自体は良いボールがいっていたと思います」とコメント。収穫については「実戦でのストライクゾーンがしっかり分かった」ことを挙げ、課題は「本塁打を打たれた球はやっぱり甘かった。厳しくいかないといけない」と述べる。

 実戦の中で、「甘い球は投げてはいけないという緊張感があった」という吉田。「ブルペンではいつも通り良い球が投げれていた。ただ、試合になると意識も変わってくる。次はブルペンからそういった気持ちを作っていかないと」とした。

 連続四球の場面については、「変化球がベースで止まらないとストライクにならない」という感覚をつかみ、「打者も高めを振ってこない」と打者との対戦で感じたことを挙げ、その中で「三振を取ったボールはしっかりと指にかかって低めに行ったので良かった。あれをいつでも投げられる準備ができれば」と“最後の1球”についての手ごたえを語っている。


 同期の柿木との投げ合いとなるも、柿木の投球は「見てないです」。降板後、「ロッカーに戻って休憩しようと思ったら後ろに(登板を終えた)柿木がいた。早いなと思ってびっくりした」と笑う。

 自己採点は「50点よりは上かなと思います」。実戦の中で、プロの打者との対戦の中で得た収穫と課題を糧に、更なるレベルアップに向けて前を向いた。



ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西