ニュース

阪神・藤浪、OP戦初登板は4回3失点で黒星 毎回含む計6四死球と苦しむ

無断転載禁止
3回裏に先発・藤浪(左から2人目)がピンチを招き、マウンドに集まる阪神の内野陣
2019.02.24 13:00
中日ドラゴンズ 4 終了 2 阪神タイガース
北谷

2回、3回と二度の満塁ピンチは凌ぐも…


 阪神の藤浪晋太郎投手が24日、中日とのオープン戦(北谷)に先発登板。6四死球を与えるなど制球に苦しみ、4回4安打3失点で敗戦投手となった。

 藤浪は初回、二死から3番・大島に四球を許したものの、二盗を試みた大島を女房役・梅野が刺し無失点スタート。2回は連打と四球で二死満塁とされたが、9番・渡辺をニゴロに退けゼロを刻んだ。

 しかし2-0で迎えた3回、先頭の京田に二塁打を許すと、一死三塁後、大島の一ゴロを、一塁・木浪が本塁へフィルダースチョイス。1点を返され、なおも連続四球で再び満塁としたが、7番・石川駿を右飛に退け最少失点で凌いだ。

 修正したい右腕だったが、4回は先頭の木下に左肩付近へ死球をぶつけてしまう。続く渡辺には4イニング連続となる四球。その後、1番・京田に適時二塁打、途中出場の3番・遠藤に中犠飛を許し、2-3と逆転されてしまった。

 藤浪は4回を投げ切ったところで降板。4回71球を投げ、4安打5四球1死球で3失点。チームも2-4で敗れ、オープン初登板で黒星が付いた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西