ニュース

中日・京田、2二塁打&快足で勝利呼ぶ 与田監督「一歩目が素晴らしい」

無断転載禁止
3回裏に好走塁で1点目のホームへ滑り込んだ中日の京田陽太
2019.02.24 13:00
中日ドラゴンズ 4 終了 2 阪神タイガース
北谷

今季から「1」を背負うスピードスター


 中日は23日、阪神とのオープン戦(北谷)に4-2で勝利した。「1番・遊撃」で先発フル出場した京田陽太内野手が、2本の二塁打を放ち1打点1得点を記録。チームをオープン戦初勝利へ導いた。

 ぬかるんだグラウンド状態も、新背番号「1」には関係なかった。2点を追う3回、阪神先発・藤浪が投じた3球目を捉えると、ライナー性の打球はやや右中間方向へ。深めだった右翼・高山のポジショニングを見逃さず一塁ベースを蹴ると、一気に二塁ベースを陥れ“右前二塁打”とした。

 続く亀沢のニゴロで三塁へ進むと、3番・大島の一ゴロで本塁突入。阪神の一塁・木浪の送球がやや高めに逸れたこともあったが、捕手・梅野のタッチを上手くかいくぐり、1点差に迫る本塁生還を果たした。

 4回は無死一、二塁の好機で3度目の打席に入り、制球に苦しむ藤浪の初球を強振。これが再び左中間へ落ちる適時二塁打となり、今季のオープン戦初打点を記録した。その後の2打席は凡退したものの、5打数2安打、1打点1得点をマーク。

 与田監督は試合後、京田について「背が高くて角度のある藤浪から、いい形で打てたと思う。(3回の本塁生還は)“ゴロゴー”のサイン。一歩目のスタートが素晴らしかった」と、リードオフマンの働きを称えた。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西