ニュース

阪神、OP戦連敗もベテランが存在感 福留貫禄弾、鳥谷適時二塁打、上本盗塁

無断転載禁止
初回に中越えソロを放つ阪神・福留
2019.02.24 13:00
中日ドラゴンズ 4 終了 2 阪神タイガース
北谷

福留は実戦初打席初スイングでアーチ


 阪神は24日、中日とのオープン戦(北谷)に2-4で敗れたが、ベテラン勢が健在ぶりを示した。

 まずは魅せたのは「3番・左翼」で先発出場した福留。初回二死、中日先発・柳の3ボールからの4球目をフルスイングすると、打球はバックスクリーンへ一直線。今季の初実戦初打席で、しかも初スイング。4月で42歳になる大ベテランが、いきなり観衆を魅了した。

「2番・遊撃」に入った鳥谷は3回、一死二塁の好機で右中間突破の長打を放った。本人は一気に三塁を狙ったが、ここはタッチアウト。それでも鮮やかな適時二塁打を記録し正遊撃手奪還をアピールした。

「1番・二塁」で出場した上本は、打席では3打数無安打。それでも3回、内野ゴロで一塁に残ったあと果敢に二盗を決め、持ち味であるスピードを披露した。

 今キャンプは新人の木浪ら若手のアピールも目立つが、ベテラン勢も元気。阪神はオープン戦2連敗スタートとなったが、主力の健在ぶりは大きな収穫となった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西