ニュース

栗山監督「”サード浅間”ってカッコいいよね」 練習試合で先頭弾含む2長打

無断転載禁止
左中間突破の二塁打を放つ日本ハムの1番・浅間

いずれも逆方向「自分のポイントで打てた」


 日本ハムは26日、ANA BALL PARK浦添でヤクルトと6イニング制の練習試合を行い、3-2で勝利。「1番・三塁」でスタメン出場した浅間大基外野手が、先頭打者弾を含む2本の長打を放った。

 三塁挑戦中の高卒5年目が、最高の結果で沖縄実戦を締めくくった。浅間は初回、ヤクルト先発・寺原と対峙。初球、ストレート系のボールを積極的に叩くと、打球は左翼芝生席へ飛び込む先頭打者初球ホームランとなった。2回の第2打席も寺原から左中間突破の二塁打を放ち2本目の長打。5回はヤクルトの3番手左腕・高橋から死球を当てられたが、大事には至らず一塁へ歩いた。

 沖縄最後の実戦で、1本塁打を含む2打数2安打1打点を記録。2本の長打はいずれも逆方向で、浅間は試合後「(寺原は)ボールを動かしてくるピッチャー。強引にならず、自分のポイントまで待ってしっかり打てた」と振り返った。

 三塁の守備でも軽快な動きを披露。「(試合で)いい反応ができているときもあるので、そこは自信にしたい。まだまだ経験不足。試合で打球を受けて、経験を積んでいきたい」と力を込めた。

 栗山監督は「浅間は上手くなったよ」と成長を実感。「“サード浅間”ってカッコいいよね。イメージ通り」と目尻を下げた。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西