ニュース

ロッテ・島、久々のマリンで1回無失点「結果が出て本当によかった」

無断転載禁止
プロ3年目のロッテ・島孝明【撮影日=2019年2月11日】

高校時代以来のマリンのマウンド


 地元・千葉県出身のロッテ・島孝明が12日、ヤクルトとのオープン戦でプロ3年目にしてはじめて本拠地・ZOZOマリンスタジアムのマウンドにあがった。

 2016年8月27日に行われた大学日本代表との侍ジャパン壮行試合以来となるZOZOマリンでの登板となった島は「高校以来投げていなかったので、違った雰囲気のなかで投げられていい経験になったと思います。本当に始めての経験ばかりだったので、不思議な感覚でしたね」と振り返った。

 0-4の9回から登板した島は、先頭の広岡大志を144キロのストレートで三ゴロに仕留めると、続く松本直樹を148キロのストレートで一邪飛。最後は吉田大成を148キロのストレートで二ゴロに打ち取り、三者凡退でプロ入り後初となるマリンでの登板を終えた。

 ベンチに戻ってからは、ナインと笑顔でハイタッチ。「いい結果が出て本当によかった。自分にとっては大きな自信になると思います」と、充実感を滲ませた。

沖縄遠征後、ファームで再調整


 島は紅白戦後、一軍キャンプに選出され、キャンプ後に行われた一軍の沖縄遠征にも帯同。開幕に向けて一軍でアピールしていきたいところだったが、沖縄遠征終了後に二軍で再調整となった。

「沖縄の遠征で通用しそうな雰囲気を掴めたので、悔しかったですね」。

 二軍に降格してからは、「ファームで結果を出し続けなければいけないし、そこで自分をしっかり持って取り組むことに集中していました」と意識を高くもって練習に取り組んだ。

 二軍での成果が実を結び、久々の一軍での実戦登板で結果を残した島。一軍の公式戦で、“マリンスタジアム”で登板する日もそう遠くないだろう。


取材・文=岩下雄太
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西