ニュース

【都筑中央ボーイズ】日本一と自負する練習メニュー、キーワードは「メリハリ」

無断転載禁止
練習中、笑顔を絶やさず子どもたちに優しく接する都筑中央ボーイズ前田会長

さらに日本一の練習を生み出すには、指導する側に日本一の引き出しが存在しなければいけないと前田会長は言う。

「僕と門倉コーチ(元中日、巨人など)は元投手、小学部の大須賀監督(元巨人、広島)は内野手など、各ポジションに元プロ野球選手の指導者を揃えています。教える側にプロの技術があるのだから、引き出しが少ないわけがありません。

子どもを怒鳴る指導者というのは、子どもに言葉で丁寧に説明することができなかったり、ケースによって的確な指導ができない人が多いと思います。引き出しが多ければ、それぞれに合った対応というのが可能ですから」。

笑顔で内野ノックに取り組む都筑中央ボーイズの選手たち

しかし、子どもに全く口を出さないかというとそうではない。間違ったことをしたのであればしっかりと注意をすることも忘れない。

「特に中学部の子どもたちには接し方という部分においては厳しくすることはあります。上下関係というのは甲子園に出場する強豪野球部では必須になってきますし。それも次のステージに上がるために選手に合わせた必要な指導だと思っています」。

子どもたちを萎縮させることなく、のびのびと野球ができる環境を整え、同時に全国優勝が狙えるだけのチームを毎年のように作る都筑中央ボーイズ。
毎年多くの子どもたちを全国の強豪野球部に進学させているが、彼らが大人になった時、「引き出し」の多い指導者になることがこれからの野球界の明るい未来につながっていくに違いない。
(取材・児島由亮、撮影・児島由亮、編集部)


「都筑中央ボーイズ」関連記事


「チーム紹介」関連記事

ツイート シェア 送る
連載・コラム
カラダづくり
練習
お役立ち
チーム紹介
TOPICS