ニュース

高校入学までに中学球児が準備すべきこと|ボールの違いと体力

無断転載禁止
最後に中学時代に九州古賀ボーイズでジャイアンツカップを含む3度の全国大会出場を果たし、東福岡では甲子園出場経験もある塾長が高校に入学したばかりのころの経験談を語ってくれました。
「まず、体力の差を痛感しました。練習の密度が濃くて、入学1週間で7キロ体重が落ちました。体力が落ちるとバットが振れなくなる。1年春の公式戦デビューを果たすことはできませんでした」。
 
これから高校入学までの半年間、自宅でもできる運動で、持久力、筋力などの基礎体力は維持しておきたいところです。成長期で身長も伸びる時期だけに、睡眠と栄養のある食事で、身体を大きくすることも大切ですね。(取材・写真:樫本ゆき)

次回はバッティング技術編をお届けします。

悟塾(さとるじゅく)

創設:2013年6月。場所:福岡県内の野球練習施設(福岡早良校、福岡東校、福岡和白校、北九州校)。時間:18時~22時の間(基本)。対象:小学生以上。定員:各クラス8~10名程度。*開催日の詳細は、悟塾ホームページ(http://satorujuku.jp/

西村悟

1983年6月8日生まれ。福岡県古賀市出身。九州古賀ボーイズから東福岡に進み1番打者(外野手)で活躍。高2秋に九州大会優勝、神宮大会優勝。センバツ8強入りを果たす。東海大を経て2006年に独立リーグ・徳島インディゴソックスに入団。2007年同・福岡レッドワーブラーズ、2009年同・愛媛マンダリンパイレーツで活躍し2010年に退団。2013年より悟塾を開校。阪神に2014年まで在籍した西村憲投手は実弟。
 
取材協力
BALLHOUSE(http://ball-house.com/
HORYGROUND(http://www.holyground.jp/

【バッティング練習】関連記事

ツイート シェア 送る
連載・コラム
カラダづくり
練習
お役立ち
チーム紹介
TOPICS