ニュース

谷繁氏、阪神・大山に苦言「1球1球をもっと大事に」

無断転載禁止
8回阪神二死一、三塁、大山が空振り三振に倒れる=東京ドーム(C)KYODO NEWS IMAGES
 3日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-阪神戦』で解説を務めた谷繁元信氏が、阪神の4番・大山悠輔の打撃に苦言を呈した。

 『4番・三塁』で先発した大山は2回の第1打席、巨人先発・メルセデスの初球スライダーを投ゴロ、4回一死一、三塁の第2打席が1ストライクからの2球目のストレートを打ち上げ右飛、7回一死走者なしの第3打席が1ボールから二ゴロ、8回二死一、三塁の第4打席が3球三振に倒れた。

 谷繁氏は「(4番の)プレッシャーはあると思うんですけど、今日の1打席目でいうとランナーなしで4番が初球を打って投手ゴロ。それもタイミングがズレてね。1球1球をもっと大事にしていくべきだと思うんですよ。4番を打っているわけですからある程度のプレッシャーを自分でかけながら成長していくようにしないといけない」とチクリ。

 さらに谷繁氏は「ピッチャーからすると相手の4番を警戒しながら、カウントを作っていきながらとか考えるんですよ。あれだけタイミングもあっていないのに打ってくれて、バッテリーからするとこれほど楽なことはない」と捕手目線で大山の打撃内容を解説していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM