ニュース

谷繁氏が語る巨人・吉川尚が打撃好調な理由

無断転載禁止
巨人・吉川尚輝(C)KYODO NEWS IMAGES
 巨人・吉川尚輝は開幕から5試合に出場して、打率.421、2打点と、リードオフマンとして良い働きを見せる。

 3日の阪神戦は無安打に終わったが、開幕から4試合連続安打と最高のスタートを切った。3日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-阪神戦』で解説を務めた谷繁元信氏は「開幕の1打席目にヒットが出たというのが気分的にもいいですし、打つ形も凄くいいですよね」と評価。

 具体的に「丸のように少しヒッチして、ちゃんとトップに入るようになりましたよね。打ちにいくときに手があがって、高い位置からちゃんとバットが出ている。いい形で打っていますよね」と説明した。

 吉川尚はセカンドのレギュラーとして出場した昨季は、シーズン途中に故障で離脱し、打率.253に終わった。レギュラー2年目の今季、シーズン通して安定した打撃を披露することができるか注目だ。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM